エレキとアコギの違い

こんにちわ!ギター講師の九犬家(クヌヤ)です!

今回はこれからギターを始めようと思っている方向けにエレキギターとアコースティックギターの違いについて説明していきたいと思います。

また、「エレキとアコギの違い説明して」と言われて困った経験がある人にも、知っておくと感心される事間違い無しの内容をお伝えしたいと思います。

皆さんはエレキギターとアコースティックギターの違いって何だと思いますか?(逆に聞いてみる)

 

「形が違うじゃん」と思ったあなた、、、

 

 

はい大正解です(笑)

 

 

でも、それだけじゃないんですね。

検索すると色々出てきますが、違いはざっと挙げると、

  • 音色
  • 音の鳴る仕組み
  • 用途

 

等があります。

 

このように分けましたが、実はこれらは全て繋がっていて、形や弦や音の鳴る仕組みが違えば、当然音色は違いますし、音色が違えば、当然用途も変わってきます。

まぁ当たり前な話です(笑)

 

「なーんだ、そんな事か」と思ったそこのあなた!

今日の僕は斜め上から切り込みますよ!

僕が言いたいエレキギターとアコースティックギターの違いはこんな事じゃないんです!

ずばりそれは…

 

それ単体で楽器と呼べるかどうか

 

です!

一般的なアコースティックギターは、本体(ボディ部分)の真ん中にぽっかり空洞が空いています。ここをサウンドホールなんて言ったりします。

弦をかき鳴らすと、弦の音がダイレクトにこのサウンドホールの中に入り、共鳴して増幅され、大きな音となって出力されると言ったしくみです。

だから、アコースティックギターはそれ単体だけで立派な楽器なんです。

それに対して、エレキギターはサウンドホールなんて付いておらず、エレキギター単体で弾いても何ともか弱い小さい音しか出ません。

要はエレキギターだけではとても楽器とは呼べないのです。

「なんだ、エレキギター使えねぇな」なんて声が聞こえてきそうですね(笑)

ですが、待ってください、なぜ「エレキ」ギターなのか?

そこを考えましょう。

そう、「電気」が必要なんです。

エレキギターにはサウンドホールという穴は付いていませんが、その代わり弦の振動を拾って電気信号に変えるピックアップというものが付いています。

そして、シールドと呼ばれる線で、エレキギターとアンプと呼ばれる機械を接続します。

このアンプという機械、ギターから送られてきた電気信号を実際の音に変えて増幅し、出力できるといった代物です。

はい、ギターとアンプを繋いだら、なんとまぁアコースティックギターとは比べものにならないくらいバカデカい音が出るんです。

このように、エレキギターはそれ単体ではとても楽器と呼べる代物ではないのですが、アンプと繋がれる事によって、初めて楽器と呼べるものになります。

要は、エレキギターとアンプ、ワンセットになって初めて一つの楽器となるのです。

ニコイチです。ニコイチ。

 

まとめると、エレキとアコギの違い、それは、

  • アコースティックギターはそれ単体で立派な楽器。
  • エレキギターは、エレキギターとアンプ、セットで一つの楽器。

なんです。

同じギターなのにエレキとアコギでこんなに違うってなんかびっくりですよね?

周りからエレキとアコギの違いを聞かれたら、こういう斜めからの意見を言ってみると「なんかこいつ分かってるな」的な目で見られる事間違いなしです(笑)

さて、エレキとアコギの違いがわかった所で、実際にギターを買ってみたいと思った方もいらっしゃるでしょう。

ですが、ギターだけ買えばいいってもんじゃないです。

ギターを弾くためにはそれ専用の道具をいくつか用意しなければなりません。

例えるなら料理するのに包丁だけ用意してもダメなのと一緒です。

料理するには鍋とかフライパンとか調味料とかも用意しないといけないですよね?

同じ具合にギターも演奏するためには、他に用意しなければいけない道具があるわけです。

といっても、そんなに高価なものではありません。簡単にお店で揃えられますのでご安心を。

さて、それではその道具とは?

それはまた次回のブログでお話ししましょう!

お楽しみに!

それでは〜!