ベースの音作りのコツ。自分の音を知っておこう!

 

皆さんこんにちは(^_^)ベース講師の岩撫です!!

今回は自分の音を知っておく大切さ、音作りについて書きたいと思います!

 

ベースはギターよりもアンプの種類によって音が左右されない

自宅での練習はバッチリなのにスタジオに入った時やライブハウスだといつもと違うアンプだから思う様な音が出せない!そんな経験はありませんか?

そんな悩みを解決するためにも自分の音を知っておく事はとても大切です!!

少し難しい話になりますが、実はライブハウスで音を出す時ベースはギターよりもアンプの種類によって音が左右されないのです!!

 

どれだけ自分がアンプでカッコいい音を作っても、お客さんには違う音が出ている

ライブを経験した事がある方なら分かると思うのですが、シールドをアンプには直接差さずにDIボックスという箱に差します。

そのシールドの信号はミキサーさんにとアンプの2つに送られ、ミキサーさんが音を色付けしてくれた音がお客さんに、アンプからの音は自分の確認用になります。

つまり、どれだけ自分がアンプでカッコいい音を作っても、お客さんには違う音が出ているのです!!

だからこそ普段からアンプで色付けした音ではなく、ベースの素の音で練習するのはとても大事なのです!

その練習に必要な物を紹介したいと思います!

① ヘッドホンやイヤホン(低音や高音を強調しないなるべくフラットな物)

② KORGさんなどから販売されているPANDORAなどヘッドホンで練習できるマルチ・エフェクター(アンプシュミレーターなどは全部切る)

この音が普段お客さんに聴こえてる音なのです!!

 

普段の練習に素の音の練習法を取り入れよう

想像と違う音が出てる時は弾き方を変えたり(弾き方などは近々詳しく触れたいと思います)ボリュームやトーンを上げたり、絞ってみたり色々工夫して自分の音を見つけてみて下さい(^^)

スタジオやライブの時アンプは普段練習している自分の素の音になる様にセッティングするとお客さんにも自分の確認用の音も同じになってアンプの種類に惑わされなくなります(^^)!

普段の練習に素の音の練習法を取り入れてみてはどうでしょうか?

それでは今日も良いベースライフを(^_^)/♫!!

 

 


※講師画像をクリックするとプロフィール&体験レッスン申込みページに飛びます。

岩撫 俊之 

ベースプレイヤー、ベース講師。
19歳からベースを始め、2003年に音楽学校に入学、後藤眞和、バカボン鈴木、鹿島達彦に師事。
在学中にSHIBUYA-AX でのライブ演奏、音楽番組の演奏出演、エレ キベースの教則本演奏等に参加。 2006年音楽学校を卒業し本格的に音楽活動 を開始、ジャンルを問わず若手からベテラン アーティストのライブ、レコーディング、地方 のツアーに参加しながら音大講師としても後 進の育成にも力を注いでいる。 グルービィーなバッキングを弾きつつも、時 には3フィンガー、4フィンガー、フラメンコ 奏法などを駆使した特殊技術を取り入れた独 自の演奏スタイルにも定評がある。

主な共演者(敬称略) ミネハハ、前田由紀、内藤剛志、ドン小西、図師 たまみ、 Tokyo Isis-fam 、Come Around、 音彩ほか