エレキ?アコギ?どっちから始める?

こんにちは!!
 
今日はこれからギターを始めようと思っている方へ!
 
ギターにもいろいろあるみたいだけど、どれから始めたらいいんだろう?
 
という方へわかりやすく解説していきたいと思います!!
 
まずよくある質問で
 
「エレキとアコギ、どっちから始めた方が上達するのか」
 
というのをよく聞かれます。
 
エレキ(エレクトリックギター)アコギ(アコースティックギター)は同じに見えても実は基礎がいろいろと違います。
 
さらにアコギにはフォークギター、クラシックギター、フラメンコギター、スライドギターなどとそれぞれ基礎の違ったギターが存在します。
 
はい、もう考えるのが嫌になってきましたね(笑)
 
 

エレキギター、フォークギター、クラッシックギターの違い

 
 
僕のレッスンでは主にエレキ、フォーク、クラシックギターを扱っています。
 
なので今回はこの3つの違いを紹介していきましょう!
 

エレキギター

 
その名の通り電気を使ってアンプ(スピーカー)から音を出すギターです。
 
主にロック、フュージョン、メタル、ジャスなどで使われます。
 
弦を弾くためにピックという道具を使って弾きます。
 
他のギターより弦が細くて柔らかめの物を使っているため、初心者の方でも比較的楽に弾くことができます。
 
最大の特徴は電気を通して音を作るため色々な音を作ることが可能です。
 
テレビなどでも見た目は一緒のギターなのにやすらぐような心地よい音だったりロックな音だったりを出してることがありますよね?
 
あれはギターとアンプの間に「エフェクター」という音に効果を加える機械を使っているためです
 
今の時代では物凄く多くのエフェクターが出ていて僕はそれが面白くてエレキギターを弾いています。
 
 

フォークギター

 
「ギター」と言われて最初に思いつくのがこのギターでしょう。
 
その名の通りフォークソングやカントリー、歌が主体となる音楽で多く使われます。
 
 
ギターのボディが木の箱で出来ていて、いつでもどこでも弾けるのが特徴です!
 
路上ライブのなんかでよく見かけますね!
 
伴奏用のギターとして使われることが多くよくあるのが「弾き語り」です。
自分でギターを弾きながら歌う。それだけで曲が出来てしまうのです!
 
また最近ではエレアコといってアコギでもアンプから音を出すことが可能になりました!
 
僕は元々このフォークギターから始めてそこからエレキを始めたので弦を押さえるのがすごく楽でした(笑)
 
 

クラシックギター

 
別名ナイロンギター、ガットギターとも呼ばれています。
 
エレキやフォークギターは鉄の弦を使っているのに対しクラシックギターはプラスチックの弦を使用しているのが特徴です!
 
またエレキのようにピックを使わず指の爪を使って演奏をします。
 
 
名前はクラシックですがあまりクラシックでは使われず、ボサノヴァやフラメンコ、ラテンなどによく使われます
 
サウンドがとても心地よく、ギターだけでメロディーと伴奏を弾く「ソロギター」などでも使われます。
 
僕はフラメンコで多用される「ラスゲアード」という弦をジャカジャカ弾く奏法のかっこよさに魅かれクラシックギターを弾いています。
 
 
 
と言った具合に様々なギターを一度に紹介しましたが
結局どのギターから始めたらよいのか?
 
というところでハッキリ言ってしまうと…
 
 
どれでもいいです!!(笑)
 
 
最初は自分の好きになりそうなものをぜひ選んでください!!
 
  • 僕の好きなアーティストがアコギ弾いてるから
  • エレキがかっこいいから
  • 家にクラシックギターがあったから
 
始める理由は様々だと思います。
始めてあとで乗り換えるのは全然ありでしょう。
 
それぞれのギターで学んだ特徴は他のギターでも生かすことができます!
 
ちなみに僕がギターを始めたのは「家にフォークギターがあったから」です(笑)
 
 
 

 

僕からみなさんに言えるのは

 

「どのギターも面白くて楽しいですよ!!!」

ってことだけです!!

 

僕のレッスンでは歌と一緒に弾く「弾き語り」もやっているので是非体験レッスン遊びにきてくださいね!

 

それでは!!

 


※講師画像をクリックするとプロフィール&体験レッスン申込みページに飛びます。

山口 拓斗  
コーラス&ギタリスト
15歳の時にギターを始め速、高校兼の専門学校へ入学。
エレキギター、クラシックギター、オーケストラを学ぶ。
17歳でパシフィコ横浜の舞台に立ち、その他ホールやライブハウスなど多数のイベントに出演。