今日から使えるボーカルテクニック〜ビブラート編〜

ちゃんと歌ってるなんだけどなんかアーティストさんみたいな歌い方にならないな〜
 
 
 
今日はそんな悩みを抱えるボーカリストのみなさんにお届け!!
 
 
こんにちは!山口拓斗です!
 
 
アーティストによって歌い方が違う
同じアーティストでも曲によって歌い方が違う
 
 
そんか違いの理由の一つにボーカルテクニックがあります
 
今回はそのボーカルテクニックを少し紹介します!
 
そもそもボーカルテクニックとは元々あるメロディに付け足す効果のことを言います。
これが歌い方の個性に差を出すんですね
 
 
その中でも今回はこちらに注目してみましょう!
 
 
 

ビブラート

 
これはかなり有名なテクニックです
 
簡単に言うと音程を一定に揺らすことです
音で波を作ると言った方がわかりやすいかもしれませんね。
 
歌の味として使われるのが基本ですが、長い音を言って保たせるために使うという使い方もあります!
 
ほとんどのアーティストさんが使っているテクニックですが中でもビブラートを多く使っているのが
 
  • 浜崎あゆみ
  • コブクロ
  • 秋川雅史
 
どのアーティストさんもビブラートが特徴的な歌を歌いますが、それぞれまた違った味を出しています
YouTubeなどを参考に聴いてみてください!
 
 
え、ってことは…
 
 
そうです!ビブラートにも種類があるのです!
 
 
 
「うわ〜面倒くせ〜!」
 
 
 
安心してください
 
種類があるというよりはビブラートの調節をしていくだけです!
 
何を調節するのかと言うと
主に早さ大きさだけです!
 
早さはそのまま音の揺れるスピード
大きさは揺れる音程の幅の事を指します!
 
ビブラート
 
 
基準は曲にもよりますが
例えばコブクロさんのビブラートと基準とすると
浜崎あゆみさんは早くて大き目なビブラートをしているように思えませんか?
また、極端ですが千の風になってで有名な秋川雅史さん
浜崎さんほどではありませんが少し早めでさらに大き目のビブラートをしています!
 
 
このように人によっていろんなビブラートを使っていますね!
 
 
 
 

ビブラートのやり方・練習法

 
それではお待たせしました!
ビブラートってどうやるの!?のコーナーです!!
(そんなコーナーは元々ない)
 
これも練習方法は人によって様々ですが
今回はビブラートが苦手な方への力技を紹介します!(笑)
 
 
音を揺らすようにするのはもちろんなのですが
ビブラートをしたいところで顔を縦に揺らしてみて下さい!
 
それに沿って音程を作ってる声帯が揺れるためビブラートを作りやすくなります!
そこで掴んだイメージをだんだんと顔を揺らさずに使うようにしてみましょう!!
 
 
最後に…
歌の練習は身体の使い方が重要になってきます!
身体は人によって違うため練習に最適な方法も人によって違います!
 
自分に合った練習方法を心がけてくださいね!
 
 
さようなら〜〜

 

 


※講師画像をクリックするとプロフィール&体験レッスン申込みページに飛びます。

山口 拓斗  
コーラス&ギタリスト
15歳の時にギターを始め速、高校兼の専門学校へ入学。
エレキギター、クラシックギター、オーケストラを学ぶ。
17歳でパシフィコ横浜の舞台に立ち、その他ホールやライブハウスなど多数のイベントに出演。