ライブ前のリハーサルの進め方



みんな!ライブしてるかーい!

もう年末になりクリスマスイベントや最近では「忘年ライブ」なんてのもやってるライブが増えてるみたいですよ


ライブをするために欠かせなくなるのが「リハーサル」です。

本番前に音量バランスを整えたりスタッフさんとの確認をとる大切な時間です!


今回は「本番のステージをよくするためのリハーサルの仕方」を紹介します!!



……と、ここまでリハーサルリハーサルと言葉を使ってきましたが
ここからはちゃんとした呼び方「サウンドチェック」という言い方をしましょう

リハーサルとは…


リハーサルとは
本番同様に流れを進めて組み立てや直しをしていく作業のこと
みなさんがいつもスタジオでやってる練習がまさしくリハーサルですね。

サウンドチェックの手順



それでは本番前にライブハウスで行うサウンドチェック
これが何かとややこしいものです。

1つ必ず理解しておいてほしいのは
「練習の時間ではない」
ということです!!

先ほど行ったように音量バランスを整えたりスタッフとの最終確認をする時間です。



ではここからはサウンドチェックの流れで1つ1つ、めんどくs…

オホン、1つ1つ大切なルールがあるのでそれと一緒に確認していきましょう!

1.元気よく挨拶を!


まず会場で待機して「それではセッティングお願いします!」って言われたら
「おはようございます!○○(バンド名)です!よろしくお願いします!」
必ず元気よく言いましょう!
元気がいいバンドほどPAスタッフさんも気合いが入ります

2.電源の取り方に注意!


ここでセッティングするときの注意!!
あらかじめ電源の延長が出てない限り
勝手に電源を繋がないようにしましょう!

これは会場にもよりますが機材によって電源を使い分けている場合が多いです

なので「エフェクターの電源ここからもらって大丈夫ですか?」
「電源はどこからとればいいですか?」などとスタッフに必ず確認しましょう!

3.無駄に弾くなかれ!


セッティングができたら音を出すのはやめましょう
無駄に弾くのはNGです!

セッティングができたらいよいよサウンドチェックです

まずそれぞれの楽器のマイクや音量の確認をとっていきます

ここでも注意!
他の楽器が音チェックをしているときは自分は音を出さないようにしましょう!

他の楽器の音量がとりにくくなってしまいます

4.いざ曲で合わせる


すべての楽器の音量がとれたら「それじゃあ曲でお願いします!」ってPAさんに言われるのでいよいよ曲でのサウンドチェックです

ここでやる曲などは前もって打ち合わせしてなるべく短い時間ですべての楽器、音色、コーラスマイクなどの確認をできるようにしましょう!



次回、曲でリサウンドチェックする時の進め方を投稿します!
お楽しみに!!

 


※講師画像をクリックするとプロフィール&体験レッスン申込みページに飛びます。

山口 拓斗  
コーラス&ギタリスト
15歳の時にギターを始め速、高校兼の専門学校へ入学。
エレキギター、クラシックギター、オーケストラを学ぶ。
17歳でパシフィコ横浜の舞台に立ち、その他ホールやライブハウスなど多数のイベントに出演。