スティックの握り方2 〜スティックを握る場所〜

さて、前回に引き続き、スティックの握り方についてお話しましょう!

前回は握り方でしたが、今回は握る場所です!  

スティックのどこを握るかで音量、音質が変わってきます。      

基本的には、スティックをつまんで叩いたときに、一番跳ね上がるところで握るのが一番いいのですが、僕は、ラウド系というジャンル的にもデカイ音が求められるので、

スティックのグリップエンドギリギリを握ってて、細かいタッチのフレーズの時に、短く持つ

というように使い分けています。

言葉では伝わり難かったですかね(笑)  

これも、自分でいろいろ試してみるのが良いと思います。頑張ろう*\(^o^)/*

 

 


※講師画像をクリックするとプロフィール&体験レッスン申込みページに飛びます。

西川 新吾 
2001年に徳間ジャパンよりGLAN/KLANというバンドでデビューし、2004年に解散、2007年にEMI JAPANよりCWC.というラウド系ロックバンドでデビュー、2009年活動休止。2014年にメンバーチェンジを経てCWC.を活動開始し現在も精力的に活動中。某音楽学校の講師を12年務める。