ドラム演奏に必要なストローク4種類

 

さて、今回はストロークについてお話ししたいと思います!ドラムを演奏するに必要なストロークが4つあります。

 

フルストローク

スティックを高い位置から振り下ろしてまた高い位置まで戻す

 

ダウンストローク

スティックを高い位置から振り下ろして低い位置で止める。

 

アップストローク

低い位置から振り下ろして、高い位置まで戻す。

 

タップストローク

低い位置から振り下ろして低い位置で止める。

 

 

力で叩くのではなく、このストロークの違いで、音量の差をつけるように練習しよう!

 


※講師画像をクリックするとプロフィール&体験レッスン申込みページに飛びます。

西川 新吾 
2001年に徳間ジャパンよりGLAN/KLANというバンドでデビューし、2004年に解散、2007年にEMI JAPANよりCWC.というラウド系ロックバンドでデビュー、2009年活動休止。2014年にメンバーチェンジを経てCWC.を活動開始し現在も精力的に活動中。某音楽学校の講師を12年務める。